【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(22)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>そこで、初心者に役に立ちそうなコツについて
>6つほど紹介していきます。
まず1つ目は、「浮かんだことを話す」です。
音声認識可能な状態になっていざ話す段階になると
緊張してしまいうまく話せないという人も多いでしょう。
最初は緊張してしまうものですが、まずは頭に
浮かんだことを吐き出してしまうように心がける
ことをおすすめします。
正しい言葉遣いかどうか、原稿として使えるかどうかと
いった点については、あとでチェックすればよいです。
ライティングにおいて何が大変かといえば、
チェックする対象となる最初の文章をパソコン上に
固定することです。言い換えれば、粗削りであっても
頭にあることを粗削りであっても文章化するという
作業が一番大変なのです。
60点程度の出来栄えの文章であっても、伝えたい
内容が含まれていてなんらかの文章になっているものを
原稿レベルに引き上げるチェックはそれほど負担に
ならないものです。
頭にアイデアがある状態では、パソコンに保存されている
データとしては「ゼロ」ですので、作業進捗状況としては
「ゼロ」だと感じるため、精神的な重圧がかかるのです。
< 音声入力活用でWebライターに!(22) 20170527 >
下記メルマガも書いてます!
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(21)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>コルタナに「音声認識」と入力すれば
>ソフトが見つかります。次回の立ち上げのために
>ショートカットを作っておくなど自分なりに
>立ち上げやすいように工夫してみてください。
立ち上がるとソフトのアイコンが画面上に
登場します。ここでマイクのアイコンを
クリックすれば音声受付状態になります。
するとアイコンに「聞き取ります」と
表示されます。
 
パソコンには音を拾う機能がありますので
この状態で入力したいことを話せば
エディター上に表示されます。
最低限知っておきたいルールは、
「、」を入力したいときは、「てん」、
「。」を入力したいときは、「まる」、
改行したいときは「かいぎょう」と言うことです。
あとはパソコンに話しかけるだけで文章が出来上がってきます。
以上です!
・・・というと簡単そうですが、
ストレスなく使うためにはいくつかのコツを
覚えておく方がよいでしょう。
そこで、初心者に役に立ちそうなコツについて
6つほど紹介していきます。
< 音声入力活用でWebライターに!(21) 20170524 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(20)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

2−3 Windows音声入力を実際に使ってみる
それでは、本題のwebライティングに音声入力をどのように
活用するかの話に入っていきます。
webライティングを行う場合は、エディターと呼ばれる
ソフトを使用するのが一般的です。エディターは
文字入力と編集に特化したソフトですが、
windowsの音声入力機能が使えないものもあります。
提出用として使う場合や誤字脱字チェックだけの
ためにWordを使うという人もいるでしょう。
それでも中にはWordを使ってwebライティングの原稿を
作成するする人もいるかもしれません。
Wordであれば同じマイクロソフトですから
windowsの音声入力機能が使えます。
音声入力機能には音声による多数のコマンドが
ありますが、私は何一つ覚えていません(笑)。
本格的に使いたい人は覚えると便利なのかもしれませんが
まったく覚えなくても十分活用できますので
安心してください。
とりあえず、エディターなどに入力できる
状態にして音声認識ソフトを立ち上げましょう。
コルタナに「音声認識」と入力すれば
ソフトが見つかります。次回の立ち上げのために
ショートカットを作っておくなど自分なりに
立ち上げやすいように工夫してみてください。
< 音声入力活用でWebライターに!(20) 20170520 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(19)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>例えば、「サッカー 日本代表 タイ戦」
>と入力する場合、スペースの部分は言葉を区切って
>離す必要がありますが、この間があまり長すぎると
>音声入力行為が終了したとみなされてしまうことがあります。
そのため、「サッカー」だけ音声を認識して
検索に行ってしまうのです。
そのため、あまり間を空けないのがコツです。
もう一つのコツは、できるだけ複数のキーワードを
入力することです。
例えば、「サッカー タイ戦」と入力すると
「サッカー 対戦」で検索に行ってしまうことが
ありますが、「サッカー 日本代表 タイ戦」と
音声入力すると「対戦」ではなく「タイ戦」と
認識してくれます。
Googleは膨大な検索ワードデータから最適な
変換が行えるように人工知能を活用して
ご認識を減らしてくれるシステムを使っていますので
多くの情報を与えればより正しく判断してくれる
ようになるのです。
こういったコツを他にもたくさんあるはずです。
自分に合った使い方を見つけられるように
積極的に活用してみることをおすすめします。
< 音声入力活用でWebライターに!(19) 20170517 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(18)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>グーグルの検索窓がの画面でマイクのマークを
>タップすると音声認識スタンバイの状態になります。
そこで、行きたいサイト名や検索ワードを
しゃべってみましょう!
・・・最初は戸惑うかもしれません。
たしかになかなか認識してくれないという現象は
起きるでしょう。
まず、音声認識状態にしてしばらくだまっていると
その状態が解除されてしまうことがあります。
とりあえず緊張しないで間をおかないで
しゃべってみるとよいでしょう。
・・・それでも上手くいかないことも多いです。
音声認識にはそれぞれのシステムによって
入力のコツが違います。
Googleの音声認識は、おそらく検索ワードの入力に
最適になるように調整されているのでしょう。
例えば、「サッカー 日本代表 タイ戦」
と入力する場合、スペースの部分は言葉を区切って
離す必要がありますが、この間があまり長すぎると
音声入力行為が終了したとみなされてしまうことがあります。
< 音声入力活用でWebライターに!(18) 20170513 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(17)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>もちろん、電車の中やカフェの中では音声入力は
>恥ずかしいですし、場合によっては迷惑行為に該当しますので
>避けた方がよいでしょう。
しかし、道を歩きながらであれば音声入力は十分使えます。
歩きながらだからこそ、音声入力は力を発揮すると
いえるでしょう。
音声入力を使えば駅のホームからの転落や
道で人にぶつかる事故を少しは減らせるかもしれません。
2.音声入力は無料で実用レベルのものが使える!
  音声入力による文章作成とは?
2−2 Google音声検索を実際に使ってみる
私が実用レベルだといっても
「どうせ話しかけても正しく認識してくれなければ
 入力のやり直しなど余計な手間がかかって
 かえって面倒になるのでは?」
と思っている人もいるでしょう。
そう思っている人は、今すぐ音声認識機能を
使ってみるべきです。
グーグルの検索窓がの画面でマイクのマークを
タップすると音声認識スタンバイの状態になります。
< 音声入力活用でWebライターに!(17) 20170510 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(16)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>そのサーバーに蓄えられたビックデータと、
>そのビックデータを活用して判断している人工知能を
>利用しているというのが音声入力の仕組みの
>基本です。
さて、
話がそれましたが、Googleでの音声入力で
検索をするようになると、劇的な変化が起こるはずです。
それは、お気に入りなどのショートカットがまったく
いらなくなるということです。
よくいくサイトは、スマホにショートカットを作るのが
一般的ですが、これをやるとホーム画面がアイコンだらけ
になってしまい、自分が行きたいサイトをすぐに
アイコンから選ぶのに時間がかかってしまうことがあります。
それでもいちいちGoogleの検索窓に文字を入力する手間を
考えるとアイコンをタップして一発で望みのサイトに
行ける方が便利だと感じる人は多いでしょう。
私自身もスマホで文字を入力するのは得意ではないため
アイコンをたくさんホーム画面に並べていました。
しかし、音声入力を利用して行きたいサイトに行くことを
習慣づけると、アイコンは不要になります。
もちろん、電車の中やカフェの中では音声入力は
恥ずかしいですし、場合によっては迷惑行為に該当しますので
避けた方がよいでしょう。
< 音声入力活用でWebライターに!(16) 20170506 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(15)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>しかし、
>単語だけでなく短い文章程度であれば受付てくれます。

面白いと感じたのは、単語をいくつか言っている間、
リアルタイムで近い単語が表示されては消えて
新しい単語が表示されることがあることです。

短い単語は、同音異語が多いため、単語1つを
言っただけでは正しい変換が行われない可能性が
高いです。

それでも、
単語を2つ、3つと加えて話しかけると、
複数の単語から、最初に言った単語を適切な
ものに直して検索してくれます。

Windowsのシステムも同様ですが、Googleの
システムも、パソコンにインストールされいるソフトが
単独で文字変換しているわけではありません。

遠く離れたWindowsやGoogoleのサーバーと
ネット経由でつながり、過去の検索ワードの組み合わせなど
も参考にしながら音声を聞き取った上で判断し、
パソコンに変換した単語として返しています。

自分のパソコンに話をしてはいますが、実際には
WindowsやGoogleのサーバーと話をしていると
いっても過言ではありません。

サーバーという表現をすると、巨大な設備を思い浮かべる
と思いますが、サーバーが重要なのではなく、
そのサーバーに蓄えられたビックデータと、
そのビックデータを活用して判断している人工知能を
利用しているというのが音声入力の仕組みの
基本です。

< 音声入力活用でWebライターに!(15) 20170503 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(14)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>Chromeをダウンロードして、Googleの検索画面を
>開くと、検索ワードを入れる欄の右側にマイクの
>マークが表示されるはずです。このマークをクリック
>すると、音声入力を受け付ける状態になります。

もう1つ起動方法があり、これが「OK、Google」と
パソコンに話かける方法です。人前で「Ok、Google」
というのは、抵抗があるという人がまだまだ多いで
しょうから、マイクのマークをクリックする方法でも
できることだけ知っておけばよいでしょう。

ただし、
「Ok、Google」といって音声入力受付状態にする
起動方法になれると、その便利さがやみつきになる
可能性があります。

特に、
別の作業中に手を使わないで検索できるため
意外と使い道は多いでしょう。恥ずかしいかも
しれませんが、「Ok、Google」と言って起動する
かどうかは確認しておくことをおすすめします。

音声入力の受付状態になったら、受付中の表示が
出ますので、パソコンに向かって話します。

主に検索するための入力を想定していると思われるため
少し間を置くと文字変換が始まってしまいます。そのため
長文入力には向いていないかもしれません。

しかし、
単語だけでなく短い文章程度であれば受付てくれます。

< 音声入力活用でWebライターに!(14) 20170430 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(13)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>などと答えますので、
>コルタナとチャットすることも可能です。

冗談を言ったりといった機能もありますが、
まだ自然に会話を続けることは難しいでしょう。

会話するなら「女子高生AIりんな」の方が
優秀です。「女子高生AIりんな」は
マイクロソフトの人工知能ですが、
この話題についてはまた別に機会に
詳しく触れたいと思います。
2−2.Googleが提供している音声入力システム

続いて、Googleの音声入力についてご紹介しましょう。

Googleの音声入力といえば、検索するときに

「OK、Google」

と言って検索するCMが話題になりましたので
知っている人も多いでしょう。

使い方は簡単です。まずブラウザをChromeに
する必要があります。

Chromeをダウンロードして、Googleの検索画面を
開くと、検索ワードを入れる欄の右側にマイクの
マークが表示されるはずです。このマークをクリック
すると、音声入力を受け付ける状態になります。

< 音声入力活用でWebライターに!(13) 20170426 >
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。