【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(119)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>その場合、同じ文末表現が続いていると
>承認してもらえない可能性が高いです。

指摘を受けて修正できるシステムになっている
場合でも、必ずといっていいほど指摘される
項目です。

チェックする側としても、形式的にチェックできる
指摘項目ですので、見逃してくれません。

同じ文末表現を避けるためには、
書きながら意識することはもちろん、
最後に誤字脱字をチェックする段階で、
文末表現のチェックも行うことが有効です。

注意すべき点は、
最初にライティングした段階では、同じ文末表現が
続いていない状態だったにもかかわらず、
読み直して一文を修正したことによって、
結果として同じ文末表現が続く状態になってしまう
ことです。

推敲する場合には十分注意しましょう。
次は6つ目のポイント、著作権の基本です。

< 音声入力活用でWebライターに!(119) 20180505 >
 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(118)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>しかし、
>なれないとどうしても「ます」「ます」や
>「です」「です」と続いてしまうことも
>多いでしょう。

人それぞれ文章作成のクセがありますので、
自然に書いていると続いてしまうということも
多いです。

やり方としては、「です」と「ます」を
交互に入れながら、ときに「でしょう」
「ません」などを混ぜるとよいでしょう。

同じことを表現するにあたって、
「です」で終わる書き方と「ます」で終わる
書き方をマスターしておけば
交互に書いていくことができます。

例えば、「できる」ということを
表現する場合は、
「できます」「〜が可能です」といったように
書き分け可能です。

webライティングの場合、
記事を投稿したあとで、必ずチェックを
受けることになります。

その場合、同じ文末表現が続いていると
承認してもらえない可能性が高いです。

< 音声入力活用でWebライターに!(118) 20180502 >
 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(117)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>しかし、固有名詞を書かないと文章が書けない
>と感じるケースもあるかもしれません。
>そういった場合は、固有名詞を避けながら
>それだとわかるように記載するようにしましょう。

例えば、
「トヨタのプリウス」を表現したい場合は、
「大手自動車メーカーのEV車」というように
一般化して記載することがコツです。

続いていきましょう。

5つ目のポイントは、文末表現です。

文末表現とは、ですます調であれば
「です」「ます」「でしょう」「ません」
などがあげられます。

時には「〜なもの。」とするケースも
許される場合があります。

この文末が「ます」「ます」「ます」と
続かないように工夫することが大切です。

3回以上続くと、読み手が単調に感じることに
なったり、稚拙な表現と受け取られたりする
可能性があるからです。

しかし、
なれないとどうしても「ます」「ます」や
「です」「です」と続いてしまうことも
多いでしょう。

< 音声入力活用でWebライターに!(117) 20180428 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(116)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>自分としては
>「これは文章の流れから必要だ」
>と判断した場合は記載してもよいと
>考えがちですが、必要だからといっても
>氏名や社名、具体的な商品名はできるだけ
>避けた方が無難です。

ただし、具体的な商品名やサービス名であっても
書いた方がよいケースもあります。

例えば、スマホの通信サービスの内容を
比較する記事を第三者目線で書いてください
という場合は、個々の通信事業者名と
サービスを名を記載しないと
読者に理解してもらうことができません。

また、地名などの固有名詞は使っても
問題ないでしょう。

いずれにしろ、ケースバイケースで判断することに
なります。

最後は、固有名詞はNGというケースです。

この場合は、ある意味簡単です。

固有名詞に該当するものは記載しないように
しましょう。

しかし、固有名詞を書かないと文章が書けない
と感じるケースもあるかもしれません。
 
< 音声入力活用でWebライターに!(116) 20180425 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(115)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>1つは、
>クライアントの社名や商品名を必ず入れる、
>もしくは、入れてよいが、それ以外はダメ、
>というケースです。

積極的に商品を訴求したいというケースは
商品名などを入れるように指定されるケースが
あります。

また、入れてもよいという場合は、
自社のホームページに載せるためという
ことでしょう。

こういったケースは、競合他社の商品名などを
入れないように気をつけることが大切です。
もう1つは、文章に最低限必要なものはOk
といケースです。

このケースは、どの程度まで固有名詞を
記載することが許されるかについて
自分で判断することになります。

自分としては
「これは文章の流れから必要だ」
と判断した場合は記載してもよいと
考えがちですが、必要だからといっても
氏名や社名、具体的な商品名はできるだけ
避けた方が無難です。

< 音声入力活用でWebライターに!(115) 20180421 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。