【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(178)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>しかし、
>途中まででも書いたのであれば
>それは立派な経験になります。

次に書くときには、もう少し先まで
書けるようになるかもしれません。

調べ方で改善できることが見つかるでしょう。

経験を積めることがリターンとなります。

このリターンは一生消えません。
確実に守備範囲が広がることに
つながります。

トライしてみること自体が
守備範囲を広げることにつながると
考えれば、やる気も出てくるでしょう。

次に、
報酬システムを作り出す工夫です。

報酬システムは、ライティングによって
受け取ることができる報酬以外の
報酬を自分なりにみつけ、
その報酬を積み上げていく仕組みです。

たとえば、
新しいテーマに挑戦したら、
そのために使った時間をメモして
その累積時間に応じて、自分への
ご褒美を用意するなどのルールを
作ってみるとよいでしょう。

< 音声入力活用でWebライターに!(178) 20181128 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(177)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>ポイントは2つあります。

1つは、トライする気持ちを創り出すこと、
もう1つは、経験のないテーマに対する取り組み方です。

1つ目のトライする気持ちを創り出すについては、
精神論です。

ただし、単なる精神論ではなく、
モチベーションアップの心理学だと
とらえるとよいでしょう。

まず、
webライティングで新しいテーマに
挑戦することのリスクとリターンを
考えてみます。

新しいテーマに挑戦するリスクは
なんでしょう?

やってみたら最後まで書けず、
報酬がもらえなかったということが
考えられます。

その場合は、やった時間も無駄になるでしょう。

しかし、
途中まででも書いたのであれば
それは立派な経験になります。

< 音声入力活用でWebライターに!(177) 20181125 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(176)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>webライティングのよいところは、
>自分が書けそうなテーマを選んで
>ライティングできることです。

生活に密着した「美容」「健康」「老後」といった
テーマも多いですし、仕事に関係した
テーマとして「お金」「不動産」などもあります。

ライティングを始めるということに限れば
書きやすいテーマを選んで書くことが
大切です。

しかし、
しばらくやっていくと、

「今日は書けるテーマの募集がないな」

ということも増えてくるはずです。

少しでもライティングの収入をアップしたいと
考えるのであれば、今までは書けなかった
テーマについて書けるようになることが
収入アップの近道になるということを
実感するようになるでしょう。

書ける記事の守備範囲を広げることは、
収入アップに直結するのです。

問題は、どのようにすれば守備範囲を
広げることができるのか、でしょう。

ポイントは2つあります。

< 音声入力活用でWebライターに!(176) 20181121 >


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(175)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>そういった点を考えると、
>顧客を満足させるのは
>ライティングのほうが難しいともいえます。

見えない読者を想定して、
相手の気持ちになることは難しいものです。

「そんなの無理だ」

と思うのも無理はありません。

それでも、
相手の気持ちになって考えるという努力を
した文章と、そうでない文章には
微妙な違いが生まれます。

努力を積み重ねることによって
その差はどんどん大きくなります。

努力を継続することが大切です。


4.−3 書ける記事の守備範囲を広げる

続いては、
書ける記事の守備範囲を広げる、という
テーマです。

webライティングのよいところは、
自分が書けそうなテーマを選んで
ライティングできることです。

< 音声入力活用でWebライターに!(175) 20181118 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(174)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>講師の仕事も、ライティングと共通している
>ことがたくさんあります。

共通点は、こちらが一方的に情報を伝える
という点です。

そのため、
講師の仕事をする場合、受講者を想定して
相手の気持ちを考えて、準備を行います。

また、講義中にも相手の反応を見ながら
話の内容を変えていきます。

事前に考えていたメインシナリオとは
違った展開になることもあります。

それでも、サブシナリオはすべて用意してある
というぐらいの準備をしていきますので
なんとか対処できます。

しかし、
ライティングでは、相手の反応を見ながら
書く内容を変化させるということすらできません。

書き終えてしまったら、それで勝負は決まりです。

そういった点を考えると、
顧客を満足させるのは
ライティングのほうが難しいともいえます。

< 音声入力活用でWebライターに!(174) 20181114 >


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。