【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(160)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>著作権者側にもメリットがあります。

ブロックチェーン技術を利用すれば、
作品ごとに細かく利用料設定をすることが
可能です。

著作権をまとめて管理しているJASRACのような
ところは不要になるかもしれません。

そういった方法を検討することも必要でしょう。

また、著作権は、オリジナルとは何かという
問題もはらんでいます。

そこで、
手塚おさむさんのジャングル大帝レオとディズニーの
バンビ、ライオンキングの話をご紹介して
著作権法の話の締めとしましょう。

まず、時系列だけ整理しておきます。

3つの作品で最初に登場するのは
ディズニーのバンビです。

次が、手塚治虫さんのジャングル大帝レオ、
最後がディズニーのライオンキングです。

ことの発端は、手塚おさむさんの
ファンが

「ライオンキングは、ジャングル大帝レオの
盗作ではないか」

と騒ぎ出したことです。

< 音声入力活用でWebライターに!(160) 20180926 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(159)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>例えば、ブロックチェーン技術などは
>著作権管理に応用可能だといわれています。

ここでは、ブロックチェーン技術の詳細を
述べることは避けますが、

簡単にお伝えすると
ブロックチェーン技術を応用すれば、
管理者がいなくてもプログラムが著作物の使用を
自動的に管理して、著作物の使用料を徴収できる
システムを簡単に構築できます。

ブロックチェーン技術を使うことによって、
細かい単位で課金することが簡単にできるように
なります。

細かい単位とは、1回コピーすると0.01円、
音楽であればさびの部分だけコピーすると
0.01円などの設定が可能です。

0.01円といった単位で支払いをすることは
難しいため、ビットコインなどの仮想通貨が
利用されるケースが多くなるでしょう。

利用者は、あまり意識することなく
対価を払って自由に著作物を利用できる
環境が整います。

著作権者側にもメリットがあります。

< 音声入力活用でWebライターに!(159) 20180922 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(158)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>ただし、
>その行為が著作権法違反になるか否かは、
>自己責任ということになるでしょう。

最後になりますが、
著作権法は、著作者の権利を守ることが目的の
法律です。

著作者の権利が守られている状態になれば、
創造的な著作物がどんどん生まれてくるでしょう。

しかし、この法律だけで著作者の権利を守る
ことは難しい状況になっています。

ネットの世界では簡単にコピーができてしまいます。

写真付きで情報を拡散することが
いとも簡単に実行できる世の中です。

利用者側が著作権法の目的を理解して
法律に抵触することはもちろん必要です。

一方で、
著作者の権利を守るということについて
現在の著作権法が定める方法だけで実現できるのか
というのも疑問が残ります。

世の中には新しい技術が次々と生まれてきています。

例えば、ブロックチェーン技術などは
著作権管理に応用可能だといわれています。

< 音声入力活用でWebライターに!(158) 20180919 >


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(157)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>この業者のサービスについては、
>論議の対象になっていますが、明らかな
>著作権法違反だとは言い切れない面があり
>存在しているという状況です。

著作権法に違反しないとされる根拠は、
コピーをする人が本の所有者本人だからです。

電子書籍化したい人は、本を持参して
業者の施設を訪れます。

受付で施設にある機材を利用することを
含めた施設利用用を支払い、施設の中で
裁断機を使って本をバラバラにしたあと
高性能のコピー機で電子書籍化を行います。

業者は、機材の使用方法などの質問には応じて
くれますが、コピー操作を手伝ってくれることは
ありません。

そうなると、電子書籍化する行為はすべて
本人がやっている状況を作り出すことができます。

本の自炊を進めたい人は、
こういったサービスを利用するという選択肢があります。

ただし、
その行為が著作権法違反になるか否かは、
自己責任ということになるでしょう。

< 音声入力活用でWebライターに!(157) 20180915 >

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(156)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>電子書籍をサポートしてくれる業者は、
>顧客から送られてきた本をコピーすることになります。

その業者の目的は、業者自身が楽しむことではなく
顧客に対してコピーしてpdf化するというサービスを
提供してお金をもらうことが目的です。

あきらかに、営利目的でコピーを
することになっていることに注意が必要です。

こういったサービスを提供している業者は
訴えられて廃業していきましたので、
いまでは存在していないでしょう。

もしこういったサービスを提供している
業者がまだ存在していて、自炊を頼もうと
している場合は、思いとどまったほうが
無難です。

もう1つの方法は、業者が本の自炊用の
施設を借りて電子書籍化する方法です。

利用者が高性能の裁断機やコピー機を借りて
電子書籍化ができる施設を貸し出している業者が
あります。こういったサービスを提供している業者は
いまでも存在しています。

この業者のサービスについては、
論議の対象になっていますが、明らかな
著作権法違反だとは言い切れない面があり
存在しているという状況です。

< 音声入力活用でWebライターに!(156) 20180912 >


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。