【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(157) | main | 【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(159) >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(158)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

>ただし、
>その行為が著作権法違反になるか否かは、
>自己責任ということになるでしょう。

最後になりますが、
著作権法は、著作者の権利を守ることが目的の
法律です。

著作者の権利が守られている状態になれば、
創造的な著作物がどんどん生まれてくるでしょう。

しかし、この法律だけで著作者の権利を守る
ことは難しい状況になっています。

ネットの世界では簡単にコピーができてしまいます。

写真付きで情報を拡散することが
いとも簡単に実行できる世の中です。

利用者側が著作権法の目的を理解して
法律に抵触することはもちろん必要です。

一方で、
著作者の権利を守るということについて
現在の著作権法が定める方法だけで実現できるのか
というのも疑問が残ります。

世の中には新しい技術が次々と生まれてきています。

例えば、ブロックチェーン技術などは
著作権管理に応用可能だといわれています。

< 音声入力活用でWebライターに!(158) 20180919 >


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1292344
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。