【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】協会けんぽ、2010年度決算黒字化、4年ぶり。 | main | 【コラム】東日本大震災、復興基本方針決定、10年で23兆円・・・財源は不明確。 >>

【コラム】2010年度国民年金納付率は59.3%・・・過去最低。

JUGEMテーマ:ビジネス
国民年金保険料の納付率ですが、すごいです。

冷静に見ると、ものすごいことになっています。

全体が60%割っている、というのは、保険料の支払いが
義務であることを考えると、すごい数字だな、と思います。

それだけ、

「義務であっても、払いたくない」
「義務であっても、払えない」

ということでしょうか。

本当に払える状況になく、免除や納付猶予を受けている方は
未納という扱いにはなりませんし、納付率計算にも
影響させていません。

さらにすごいことになっていると思ったのは、年齢別で

25〜29歳の46.6%

なんだそうです。過半数が納めていない、ということで
払わないことがメインになっています。

ただ冷静に考えると、25歳〜29歳が最低、
ということは、20歳〜24歳の方が納付率、ということです。
やはりこれは、雇用状況も影響があるような気がします。

ちなみに、この納付率は、この後も徴収結果が反映されて
1年後は何%まできた、などといった統計データも
公表されています。

ご興味がある方は、厚生労働省や日本年金機構のHPを
見てみてください。

コラム【その他】 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

これって第1号被保険者だけの話ですよね?
第2号と第3号も入れたら、小さな小さな割合になるはずですよ。
払わない人はもらえないだけ、体勢に影響はありませんよね。
通りすがり | 2011/07/25 4:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1291126
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。