【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 年金支給開始年齢見直し!?(3)・・・年金財政が苦しくなったら、支給時期を繰り下げる。 | main | 【コラム】 年金支給開始年齢見直し!?(5)・・・現行の公的年金額の目安=基礎年金、保険料40年払えば79.2万円。厚生年金は、平均年収の約20%強が年金額。 >>

【コラム】 年金支給開始年齢見直し!?(4)・・・今も実は、支給時期60歳から65歳への繰り下げ中。

JUGEMテーマ:ビジネス


こういう変更をする時は、例えば、明日から60歳になって、
年金をもらえるぞ、と思っていた人が、法律改正で
突然、
60歳からは無理です、65歳からに変わりました。」
と言われたら生活設計が無茶苦茶になってしまうので、
激変緩和措置がとられます。

男性であれば昭和16年4月2日生まれ以降の方から、
昭和36年4月1日生まれの方は、だんだんと支給開始
年齢が遅くなっていき、昭和36年4月2日生まれ
以降の方は、完全に65歳からとなりました。

女性は5年遅れのスケジュールで同様です。

その対象の方が、年金をもらい始めていますので、
まさに今、ゆっくりと調整されている最中ということです。

ちなみに、欧州先進国でも年金支給の開始年齢が見直されて
いるようです。フランスは年金支給開始時期が段階的に
62歳に上がるほか、ドイツも65歳から67歳へ延ばす予定
なんだそうです。

さて、日本の場合はどうするのでしょう?

支給年齢の繰延は、財政的には大きな効果があるのは
わかりますが・・・

税金の投入であれ、保険方式であれ、支給開始年齢の問題は
常に議論の的になるでしょう。平均余命がどんどん伸びていき、
健康で過ごせる期間が長くなればなるほど、仕事をできる
だけして、老後の年金はできるだけ遅く支給する、
というのはわからないでもないですが・・・
コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1291011
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。