【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 平成23年度予算案が決まったようです。(3) | main | 【コラム】 目標の立て方・・・長期、今年、3カ月後の3つのレベルで目標を立てる。まずは長期目標を立てる。 >>

【コラム】 平成23年度予算案が決まったようです。(4)


fptomidaをフォローしましょう
 人気ブログランキングへ
株式会社プロFPJapan 
メルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!

・・・他の国と同様、ある程度外国に買ってもらうしかありません。
そうなると、今のような低利回りでは買ってくれなくなるでしょう。

買ってくれなければ、もっと魅力的な条件を提示しなければ
ならなくなります。債券の場合の魅力は、やはり利回りです。

つまり、今1.3%とか言っている利回りが、2%や2.5%などと
上がっていくことになるかもしれません。

そうすると、一般歳出の利払いは増えることになり、
それを埋めようと、国債をもっと発行するとさらに利払いが
増える・・・という恐ろしいスパイラルが着てしまいます。

歯止めをかけようと思えば、借金の追加はしないように
するしかありません。それは収入減、税収の範囲内で
支出する、ということになり、支出を今よりもっと
削らないといけないことになります。

社会保障費は予算全体の30%を超えます。これを減らすことを
考えないといけなくなって、年金も減る、健康保険の負担が増える
ということにつながるかも知れません。

そうならないためにも、財政構造をしっかり見直すことが
必要だということです。

早いうちに相当の痛みを覚悟してやるか、将来に先延ばしして
奇跡の高度成長の再来を願うのか、どっちがいい?

・・・そういうシナリオも考えながら、個人は個人で自分の身を守る
力を、したたかにつけておきましょう。今のうちに。

<続く>

コラム【その他】 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

全く同じおもいです。

賛成です!個人の資産は自分でまもるしかないですからね。

そのための知恵、是非学ばせてください。

hojyaman | 2010/12/30 3:42 PM
高度成長がくるのは、すでに少子高齢化の社会のため難しいと思います。
国自体が立ち行かなくなることはなくても、お金のない、地方経済などは悲惨すぎます。

ブログ、自分が書いているのと同じような題材なので、もしよろしければ相互リンクしていただけると幸です。

URL:http://hojyaman.blog98.fc2.com/
サイト名:デフレを乗り切る知恵
紹介文:デフレ時代を乗り切る節約、節税、運用、デフレについて等、デフレを正しく認識して乗り越える知恵を紹介しております。

よろしければ是非相互リンクをお願いします。
hojyaman | 2011/01/03 10:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290988
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。