【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 平成23年度予算案が決まったようです。(1) | main | 【コラム】 平成23年度予算案が決まったようです。(3) >>

【コラム】 平成23年度予算案が決まったようです。(2)

fptomidaをフォローしましょう 人気ブログランキングへ
株式会社プロFPJapan 
メルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!
一般歳出は・・・

 歳出    71兆・・・地方交付税含む
 国債費   21兆・・・国債関連の支出
 
 歳出合計  92兆

国債費の約半分は、国債の利払い、約半分は国債の
償還(借金の満期が来たので借金を返す支出)です。

今は国債の長期金利が1%少し超えている程度なので
これで済みますが、今後長期金利が上がると利払い負担は
当然のことながら増えます。借金返済も、過去国債発行を
続けてきた分、ここも長期的には大きくなります。

ここまでは、年間の収入支出、という話になりますが、
確かに、収入支出のバランスがとれてなくても、
たっぷり過去の蓄積があればいいじゃないか、と
思われる方もいるかもしれません。

ここで参考になるのが、国や地方の財産・借金一覧表、
国と地方のバランスシートです。

2008年のものが公表されていましたが、
この時点では、約500兆円の金融資産があって、
約500兆円の国有地や道路などの国有財産が
ある、ということになっています。借金については
1000兆円弱、かろうじて資産の方が、借金より多い、
という状況だったようです。

ただ、2009年10年の借金積み上げの状況を勘案
すれば、確実に借金の方が上回っている、と言われています。

<続く>

コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。