【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【NEWS】 税制改正大綱が決定されました。・・・ニュース見てるとあまり言ってませんが、証券税制優遇措置は2年延長されます。 | main | 【コラム】 平成23年度基礎年金支給額、下がることがほぼ確定。 >>

【コラム】 新興銀行、預金仮払い率は、25%。

JUGEMテーマ:ビジネス

fptomidaをフォローしましょう 人気ブログランキングへ
株式会社プロFPJapan 
メルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!

経営破たんした日本新興銀には、ペイオフが適用されます。


ペイオフは、銀行が破たんした場合です、普通預金などは全額、
定期預金などは1000万円までを預金保険機構が保証する制度です。

その1000万円を超える分については、破たんの状況に
よって、戻らない可能性があります。最悪は1円も戻らない
ということもあり得ます。

12月7日に、この日本振興銀行の払い戻しの仮払い(概算払い)の
率が発表され、25%でした。つまり、1000万円を超える分の
75%は仮払いされないで手元にお金が来ない、ということです。

最終的にいくら戻ってくるかは来年にならないと確定しないようですが、
今回の仮払い率25%という数字から、だいたいの状況は
読み取れると思います。


現実にペイオフが使われた最初の事例になります。
今後の推移を観ていきますが、あらためて破たんしたい場合の
影響を考えさせられました。

確かに、全体の預金者の2.7%の方しか、この1000万円超の
ケースにはあてはまらなかったとようですから、預金者全体の
話ではありません。ですが、例えば退職金を一か所の銀行に
とりあえず置いてある、などということがあれば、1000万円を
超えるケースもありえます。

あらためて、銀行への預金方法について、今年の総決算として
考えてみるいい機会かもしれません。

コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。