【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】 先週、ディズニー入場料値上げが発表されています・・・一日券400円アップ、2011年4月から。 | main | 【コラム】 金(ゴールド)価格、中期的に見ればかなり上昇しています・・(2) >>

【コラム】 金(ゴールド)の価格、長期的にみればかなりあがっています・・・(1)

JUGEMテーマ:ビジネス

12月はじめには、金の価格が1オンス1400ドル超えに
なりました。10年ぐらい前には300ドル~400ドルでしたから、
長期的には価格がかなり上がってきました。


国際価格の単位は、1トロイオンスで約31.1035グラム、
価格はドル建てで取引されています。

日本では1グラム単位で取引され、
単純に国際価格に為替レートをかけて日本円になっています。

最近は、金は投資商品として注目されていますが、
金そのものはいろいろな使われ方をしています。

発見は7000年から8000年前と非常に古く、
王水(硝酸と塩酸まぜたもの)にしか解けず、それでいて
やわらかく加工しやすいので古くから装飾品に
使われてきました。

金箔は薄くすれば1万分の1ミリにも加工できますし、
1グラムが金であれば、3000メートルも伸ばすことができるそうです。

そんな金ですが、現在の技術で取り出せるのは
約14万トン、うちすでに8トンぐらいは採掘済みといわれており、
あと残り6−7トンというところのようです。
これが、金の希少価値のベースになっています。


この金ですが、以前は「通貨」そのものであった時代が
続きました。


1944年、世界大戦後、覇権がアメリカからイギリスに移って、
1オンス=35ドルと決められたブレトンウッズ体制で、
ドルは基軸通貨となりました。

当時は、ドルは必ず金と交換できる、1オンス=35ドルというのは
金との交換レートだったのです。

「でも、今は交換できないよ・・・」
「いや、お金を出せは金が変えるんだから、何も変わってないのでは」

・・・・その通りです。

<続く>

fptomidaをフォローしましょう ツイッターのFollowはこちらから!

人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapan
まぐまぐメルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!

コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290963
この記事に対するトラックバック
人間はやはり人間として人と人とのがりで生きていければ幸せであると思います。
横綱FX 口コミ | 横綱FX 口コミ | 2010/12/17 10:20 PM

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。