【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】 ポッキーの宣伝効果・・・「11月11日はポッキーの日」というCMはなぜ生まれたのか? | main | 【コラム】 年金定期便は紙でもネットでも。・・・中身はしっかり見ておきましょう。 >>

【コラム】 業績追跡・・・任天堂、無借金もドルユーロ預金から評価損が621億円、アイフォーンなどを通じた無料ゲームも脅威で、上期は赤字。

JUGEMテーマ:ビジネス

2010年4月〜9月の各社の決算がまとまってきました。

定点観測している会社の業績を簡単に見てみます。
(ちなみに、投資先、という意味ではありません。)

まず、任天堂

苦しんでいます。
2009年度に減益となった流れが加速しています。

任天堂はいわずとしれたゲームメーカー。
創業120年の伝統があり、無借金経営を貫く会社で、
2008年までは、超高収益企業の代名詞でした。

それが、2009年に入ってから苦しんでいます。

大きくは2つの原因に集約できると思いますが、

1つは、ゲーム業界の地図が塗り変わってきているということです。
以前は、ソニーとの戦いに勝てるか、新規参入もXBOXぐらいで、
いわゆるゲームメーカー同士の戦いに勝つか負けるかの
勝負をしていました。

Wii、DSに代表されるハードの競争であり、ソフトメーカーの
囲い込みなどソフトの競争でした。

それが、携帯電話などの無料ゲームが台頭、
「ゲーム市場」が大きく変わっていく中で収益構造の転換が
求められています。

もうひとつの要因は、為替、です。

任天堂は、超グローバル企業、日本市場は任天堂にとって、
販売規模だけをみれば1−2割に過ぎません。
あとの8−9割は海外での売上です。当然、外国為替レートの
影響をもろに受けることになります。

さらに、無借金なのはいいのですが、ドル・ユーロ預金の形で
置いてあるものがかなりあり、日本円換算して決算をするために
生じる評価損が621億円もあったことも大きな減益要因と
なったようです。

この円高で、ずいぶん苦しんでいます。

というわけで、2010年上期の決算では、
最終損益が20億円の赤字(前年同期は694億円の黒字)でした。
年間予想利益は900億円です。


fptomidaをフォローしましょう ツイッターのFollowはこちらから!

人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapan
まぐまぐメルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!

コラム【企業分析】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。