【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 最低保障年金と共通番号制(4)・・・最低保障年金→財源必要→収入捕捉→共通番号制。 | main | 【コラム】 最低保障年金と共通番号制(6)・・・導入するなら、個人の情報が守られ、効率的で低コストの仕組みに。 >>

【コラム】 最低保障年金と共通番号制(5)・・・共通番号の使い方は、税金に使うか、社会保障に使うか、両方か等、国によってさまざま。

JUGEMテーマ:ビジネス

>現時点では、他国の使用状況を参考にしながら
>どのような形にするかは、これからじっくり検討する、
>ということのようですが・・・
>
>では、他国の状況はどうなっているのでしょうか?

例えば・・・

まずは、スウェーデン韓国

スウェーデン・韓国は全国民を対象に住民登録番号を活用し、
広く「税務」「社会保障」「住民登録」「選挙」
「教育」「兵役」
にこの番号を活用しているようです。

あと、同様に住民登録番号を活用しているのは、
オランダ

但しオランダは、活用範囲をもう少し限定していて、
「税務」「社会保障」「住民登録」としているようです。
限定、といっても大きなところである税務と社会保障を
カバーしている点では、かなり広範囲に共通番号を活用している
といえると思います。


違う番号を活用しているパターンとしては、
イギリス・アメリカのケースを見ると、
これらの国は社会保障番号を活用しているようです。
そもそも住民登録、という概念がない、ということも
背景にはあるのでしょう。

使用範囲としては、イギリスは「税務」「社会保障」、
アメリカは「税務」「社会保障」「選挙」に活用している
ようです。

もう一つのパターンとしては、税務番号を使う、
というパターンがあり、これは、イタリアドイツ
該当します。

但し、イタリア・ドイツともに、「社会保障」への活用は
していませんので、税務番号を「税務」に使う、という
限定した使い方をしているようです。

<続く:最低保障年金と共通番号制>


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapan
まぐまぐメルマガ 【お金のプロで起業するぞ!】 発行中!!

コラム【社会保障マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290860
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。