【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】「IFRS」って、何?・・(11) | main | 【コラム】「IFRS」って、何?・・(13) >>

【コラム】「IFRS」って、何?・・(12)

JUGEMテーマ:ビジネス

>「コンバージェンス」
>
>されている過程にあります。コンバージェンスというのは、
>日本基準をだんだんと改訂を重ね、IFRSに近づけよう、
>というものなんです。

そういう意味では・・・日本の経理の方は、残念ながら
気が休まることはないかもしれませんね。

逆にいえば、日本基準をしっかり追っかけて行くことで
IFRSの基準に自動的に近づくことにはなりますが。


そうは言っても、会社によっては、

「適用をにらんで、研究するぞ」

というところも多いと思います。

2010年3月期からはIFRS適用の決算書の
公表でもOK、ということで、さっそく対応してきた
会社もあるのは事実です。


実際のところ、経理処理にはどんな変化が出てくるでしょう?

例えば、収益認識。

私のいた会社では、米国基準も意識をする必要があって、
個人的にはなじみもありますが、
売上計上のタイミングが、

「販売元が出荷した日」

から

「販売先に到着した日」

に変更される可能性なんかがありますし、

財務諸表の表示も、従来の

「貸借対照表」
「損益計算書」
「株主資本等変動計算書」

から、

「期末財政状態計算書」
「包括利益計算書」
「株主持分変動計算書」

となってきたりするのかもしれません。
表示方法も微妙に違ってくることになるでしょう。

日本での適用に関しては、
まだまだ未知数のところが多いようです。

さて、では、これからに向けて何を準備して
おけばいいでしょう?

<続く>


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【企業分析】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。