【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【NEWS】 マクドナルド、3月売上高過去最高・・・景気は良くなっているのか? | main | 【雑記】 寒暖差が激しい・・・・といえば、氷河期!? >>

【コラム】 御手洗会長「消費税十数%必要」・・・・消費税について。

JUGEMテーマ:ビジネス
消費税・・・。

税収を増やすには、これしかないのか?

平成22年度の一般歳出は92兆円に対して
税収は40兆円ちょっと、不足分は国債などの借金で
賄っていて、国の借金はどんどん増える・・・

「この財政赤字をほおっておくと大変だ、
 消費税を11年から段階的にあげて、
 2020年代には10%台後半にする必要がある」

と、日本経団連の御手洗冨士夫会長が
言ったそうです。

税金で大きいのが、法人税・所得税・消費税。

でも、法人税は景気に大きく左右されます。
たとえば平成20年度には20兆円あった
法人税(国税)が、平成22年度には5−6兆になる、
と見られています。

所得税も法人税ほどではありませんが、
景気に大きく左右される点は同じです。

その点消費税(国税)はここ3年は10兆前後
安定しいます。安定財源として常に検討対象に
あがるのは当然だなとも思います。


以前ヨーロッパに住んでいた時には、似たような税金で
VAT(付加価値税)というものがありました。

私が滞在していた国の税率は、十数%だったと記憶しています。
ただ、食品のような日用品は5%の税率が適用されていました。

何でもかんでも高いVATの税率ではなくて、
という配慮はされていました。


個人的には、消費税はあげざるを得ないと思っています。
(このまま財政赤字を拡大させるとどうなるか、
 という実験をしたくありません・・・)

ですが、タイミングと税率の設定には
注意が必要なことは言うまでもありません。

さらに消費税はだれも逃れることができない税金ですから
生活必需品等に対する軽減税率は必要だと思います。


・・・さて、これから議論されていくことになるようですから
しっかり見届ける義務がありそうです。


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【その他】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290813
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。