【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 法人税率見直し!?・・・鳩山首相も意欲見せる。 | main | 【コラム】 法人税率見直し!?・・・・これまで法人税率の推移 >>

【コラム】 法人税率見直し!?・・・・国際的には日本は高い方

JUGEMテーマ:ビジネス

日本の実効税率は40%強でした。

では、国際的にはどのぐらいの位置にあるのでしょう?

たとえば、アメリカのカリフォルニア州は(州によって違うところあり
確か、日本と同じぐらい、41%弱だったと思います。

このあたり、日本は意識していたのかも知れません。

ただ、フランスは約33%、ドイツは約30%、イギリス約28%
とヨーロッパ諸国と比較すると40%は高めのようですね。


さらに言えば、新興国、つまり、外国の投資を積極的に
誘致するような必然がある国々の税率は
低めになっています。

たとえば中国、ここは確か25%だったと思います。


韓国もいろいろな事情・背景があったとはいえ、24.5%。

これらの数字を見てしまうと日本の40%強が非常に
高く感じてしまいますよね。

この実効税率は国際競争力に大きな影響を与えます。


たとえば、まったく同じ規模、同じ税引き前利益の
企業が2社あったとして、一方は法人税が40%かかる国、
一方は25%しかかからない国の企業だったとすると・・・

お気づきの通り、税率の高い国の企業は、
税金を除けば同じ力であるのに、
税金を多く取られてしまうので、資金力に差がついてしまいます。

こういった観点から、鳩山首相も法人税率の低減について
触れたのだと思います。

<続く>


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【税金・税制マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290785
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。