【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 今回の確定申告で使える改正!(7) | main | 【コラム】 今回の確定申告で使える改正!(9) >>

【コラム】 今回の確定申告で使える改正!(8)

JUGEMテーマ:ビジネス


>平成20年までは、このプラス分は株式などの
>売買の損と通算することができなかったのですが、
>平成21年からは、可能になったのです!

これが、今回の改正です。

「株式等の譲渡損(売買損)」と
「配当金や分配金の所得」の両方がある方は
この制度が使える、ということになります。

通算できることによって、
去年までだったら株式の売買損があっても
払う必要があった配当金・分配金の所得税を
取り戻すことができるんです

株の売買で出した損失の一部を取り戻すことが
できます!


「是非、取り戻したい!」

では、具体的にはどうすればいいのでしょう?


それは・・・

配当金・分配金の所得を、「分離課税の配当所得」として
確定申告すればいいんです。

例えば、国税庁HP・確定申告書等作成コーナー
入力して確定申告を作成する場合、入力画面の
全項目表示」の方の下の部分に「分離課税の所得」
というところがあります。

その「配当所得」をクリックし、次の画面で上場株式等
(株式投資信託含む)にチェックを入れて進むと・・・

配当一件一件の配当元の会社や金額、源泉徴収された税金など
を入れる画面が出てきます。

ここに、2009年にもらった配当金の情報を
入れていけばいいんです。これで、「分離課税の配当所得」に
なります。

<続く>


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【税金・税制マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。