【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 【NEWS】 「沈まぬ太陽」⇒「JAL年金減額」。 | main | 【コラム】住宅ローン(9)・・・ケースによってはこんな考え方も。(4) >>

【コラム】住宅ローン(8)・・・ケースによってはこんな考え方も。(3)

JUGEMテーマ:ビジネス

>購入マンション    4000万円
>頭金支払い       600万円
>固定金利30年ローン 2800万円
>変動金利20年ローン  600万円

>という形になります。

>「・・・・。それって、何か得なんですか?」

ロバートキヨサト「金持ち父さん」のようですが、
この形のポイントは、

「皆さんの手元に600万円残っている!」

ということです。

もうおわかりですね!
ロバートキヨサトさんではありませんが、
この600万円に働いてもらうのです。
少なくとも変動金利1%以下の住宅ローンに
負けない運用ができれば、得をすることになります。

そして、もし、変動金利1%を超える運用ができたとすれば
その超過分を、固定金利3%の方の返済の一部に回すことも
できるのです。

これは、例えば、自宅を大きめのものを買って、
一部屋を誰かに貸して賃料を得る、というやり方とも
少し似ています。

いずれにしても、変動金利のローンをあえて借りて
そのお金に働かせる、しかも、その分を除けば
しっかり返済ができる準備ができたうえで
その運用をやる、ということが狙いです。


試しに、ちょっと試算してみましょう。

まず、変動金利1%30年で600万円を借りた場合、
元利均等返済だと、年間返済額は

600万円×資本回収系数0.0387=約23.2万円

この返済額をカバーする利益を出すように
手元の600万円を単利運用するときに必要な単年度利回りは、

23.2万円÷600万円=3.87%

になります。

「なーんだ、やっぱり4%近い利回りを出さないと
 いけないんだ・・」

<続く>


人気ブログランキングへ
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【サラリーマン応援団】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。