【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【書評】「知らないと恥をかく世界の大問題」池上彰・著 ・・・一気に読もう。 | main | 【NEWS】 「沈まぬ太陽」⇒「JAL年金減額」。 >>

【コラム】住宅ローン(7)・・・ケースによってはこんな考え方も。(2)

JUGEMテーマ:ビジネス

>用意した頭金と住宅ローンを組んで、物件を購入します。
>その後、住宅ローンを返済していくことになります。
>ローンも全期間固定金利のもので返済が成り立つように
>しましょう。それだけの頭金が準備できていることが
>前提です。

ここまで準備できていたとして、あと何をするの?

ということですが・・・

ちょっと想像してみてください。

せっせと貯めた頭金。
いくら家を買うからといって、どかんと払ってしまうのは
少し惜しいような気がしませんか

「そんなこと言ったって、
 払わないと、もっと住宅ローン借りることになって
 返済額が増えるじゃないか!」

・・・そう、それです!
その方法を活用する、というのがポイントです。

今まで準備できていた状態で、
住宅を買い、返済をするという形はしっかりできました。

収入などのレベルによっては、
さらに住宅ローンを借りる枠が残っている場合があると思います。
それを活用したら・・・ということです。

よく考えてみましょう。

変動金利の住宅ローンの金利は、1%をきるような状態です。
もし、他で、お金を個人として借りるとすれば、
絶対にこんな金利でお金を借りることはできないはずです。

ですので、この低金利のお金をしっかり借りて、
住宅代金として払ってしまうのではなくて、
しっかり運用して1%以上の利益を出せば、
結果的には得をすることになると思いませんか?


例えば、

4000万円のマンションを買うとします。
頭金を1200万円用意しました。
残り2800万円を30年固定金利で住宅ローンを
くみます。この金利は3%と仮にします。
ここまでは確定させます。

そして、ここから考え方を変えます。
この住宅ローンを組むというタイミングを利用して
頭金1200万円の、例えば半分の600万円を
低金利の恩恵を最も受ける変動金利で借りるのです。

結果として、
購入マンション    4000万円
頭金支払い       600万円
固定金利30年ローン 2800万円
変動金利30年ローン  600万円

という形になります。

「・・・・。それって、何か得なんですか?」

<続く>


人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

 

コラム【サラリーマン応援団】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。