【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 住宅ローン(4)・・・「変動金利」で、知っておきたいこと(1) | main | 【雑記】 なぜか、日商簿記2級!?・・・(1) >>

【コラム】 住宅ローン(5)・・・「変動金利」で、知っておきたいこと(2)

JUGEMテーマ:ビジネス

・・・5年間は返済額は変わらなくても、
内訳としての元本返済と利息返済の割合は
変わってくる、ということになります。

もし現在すでに変動金利でローンを組まれている方には
半年に一度、銀行からローン返済額とその内訳が
書かれた紙が送られていると思います。

これをよく見て前回分と比較してみると、
毎月の返済額は変わらないのに、

「元金返済の割合が減っている・・・」

なんてことになっているかもしれません。


そして、5年後の見直し時期に、

「あ、返済額が増えた・・・」

ということになってしまうかもしれません。


さらにいえば、5年後毎の返済額の見直し時、
返済額には上限が決まっています

「それまでの額の1.25倍

まで、と決まっているのです。

青天井じゃないんだ、よかった・・・
とお思いの方、実は、これには落とし穴があります。

むしろ青天井じゃないがために起こる恐ろしい状態・・
これが、

返済しているが、元金が減らず、永遠に借金が
 増え続ける

ということになってしまう可能性もあるんです。


5年間の間に急激に金利が上昇すると、
残りの期間の総返済額を再計算したときに
総返済額がかなり膨らむこともありえます。

その膨らんだ金利部分だけとってみても、
変更前の返済金額の1.25倍より多かった場合、
1.25倍に改訂された返済は、すべて「金利の返済」
となってしまう場合もあり得る
、ということなんです。

特にローンの残りの期間が長い場合は、
金利変動による影響が非常に大きくなります。

変動金利については、ぜひ、この仕組みを
ご理解いただいて、銀行から定期的送られてくる資料を
しっかり目を通していただきたいと思います。

<続く>
 
過去のコラム一覧は、こちら!
人気ブログランキングへ
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【サラリーマン応援団】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1290680
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。