【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】 新米FP講師による「講師業って何?」(1) | main | 【コラム】 新米FP講師による「講師業って何?」(3) >>

【コラム】 新米FP講師による「講師業って何?」(2)

前回は、
 「1」に仕事力、
 「2」に人間性、
 「3」に語学力、

というのは、どういう意味でしょう?
というところまででした。


まず、仕事力。

上の「1」「2」「3」は、イギリスへの
長期海外出張を前に、上司が私に伝えた言葉でしたよね。

いきなり、外国人(私)が、イギリスの会社に出張してきて、
あーだこーだと言う(アドバイス)ことになるのですから、
当然、イギリスの社員の方が、

「さすが、日本からわざわざ来てるだけあるな」

と、認めるレベルの仕事ができなければ、
見せることがでいなければ、こちらの話など、
まったく聞いてくれません。

ジェントルマンの国ですから、表面上丁寧に聞いてくれている
形を見せてくれていても、認めてもらえるレベルの仕事や
考え方になっていなければ、馬鹿にされ、話にならない、
ということは、現地に、行ってよくわかりました。


さらに、人間性。

これも、性格的なことも、もちろんそうなのですが、
それよりも何よりも、
何を目指しているか、それに対して、どんなふうに
取り組んでいるか、という姿勢がまず見られるな、
と感じました。

こいつ、真剣、本気だ。」

と、どれだけ思ってもらえるか、ということも
ポイントになる、と実感しました。


そして、語学力。

イギリスでしたので、もちろん英語ですが、
別に特別な訓練を受けたわけでもないので、
相手の言っていることが100%わかるわけではなかったですし、
まして、自分の言いたいことを英語で伝えるのには、
四苦八苦しました。

そして、伝わらない限り相手にとっては「ゼロ」なので、
こちらがいくら、

「察して理解してくれ・・・」

と思っても無理です。


しっかり、自分の考えをまとめ、言いたいメッセージが
確立されていない限り、相手には届かないんだ、ということを
身を持って体験することができました。

・・・で、これが、講師の話を何の関係があるのでしょうか?

<続く・・・>

過去のコラム一覧は、こちら!
人気ブログランキングへ
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

コラム【独立起業】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1285621
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。