【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【雑記】 小学生下校の会話。 | main | 【コラム】 合理的な点が人気!?・・・緒方洪庵、適塾(2/2) >>

【コラム】 合理的な点が人気!?・・・緒方洪庵、適塾(1/2)

花神〈上〉 (新潮文庫)
花神〈上〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎

司馬遼太郎さんの「花神」
大村益次郎のお話です。

大村益次郎(村田蔵六)は、
緒方洪庵の適塾に入り、
医学を勉強していました。

大村益次郎は、やがてまったく
違う世界へ、革命の世の中の渦の流れに
巻き込まれていきます。

それを描いているのが
この「花神」です。


この本の書き始めにあたりに、
緒方洪庵が登場します。

彼がやっていた塾が「適塾」。
最終的には門下生3000人という
塾と呼ばれる類の最大記録かもしれない
ほど発展した塾となりました。

(剣術の世界では、千葉周作が
 同じく門下生3000人、と
 いわれていたようです。)

なぜこれほどまでに発展したのか?

もちろん、緒方洪庵が医者としても
優秀だったこともあると思いますが、
やはり決めては、彼の人材育成センスと
合理性だったのではないかと思います。

<明日へ続く>

過去のコラム一覧は、こちら!
人気ブログランキングへ
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
コラム【独立起業】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1279536
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。