【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【NEWS】 トヨタ・パナソニック、上方修正。 | main | 【コラム】 蝉の鳴き声。 >>

【コラム】 知れば怖くない!税金マスター(7)・・・税額控除って?

知ればこわくない!税金マスター・7回目です。
(過去記事は、こちら!)

さて、前回、所得税計算の骨格の確認をして、
「課税総所得金額」まで出しました。

ここから所得税を出すまでには、あと、少しです。

> '''課税総所得金額(+分離課税の所得)
> ∪芭
> '税額控除
> 申告納税額

前回出した課税総所得金額に税率をまず掛けます。
課税総所得金額は、

> '''課税総所得金額=280−38−38=204万円

でした。

所得税の税率の一覧は、

       〜 195万円以下 = 5%
 195万円超〜 330万円以下 = 10%−  9.75万円
 330万円超〜 695万円以下 = 20%− 42.75万円
 695万円超〜 900万円以下 = 23%− 63.60万円
 900万円超〜1800万円以下 = 33%−153.60万円
1800万円超〜         = 40%−279.60万円

となっています。

ですので、課税総所得204万円の場合は、

 204万円×10%−9.75万円=10.65万円

ということになります。

ここまでくると、あと残すは1ステップ、「税額控除」と
なります。

この税額控除、所得控除とは違います。
所得控除は、総所得からいくら控除するか、という話ですが、
税額控除は、先ほど計算した税額からいくら控除するか、
という話です。

ですので、もし、所得控除と税額控除が同じ額だったと
すれば、断然税額控除の方がインパクトが大きいです。

所得控除の方は、そこから税率がかかるので、
控除額×税率が税金が減る分ですが、
税額控除の方は、その額がそのまま税金が減るからですね。

さて・・・

いよいよ、所得税の計算の骨格も見ましたので、
次に行きます。

ここからは、各所得の種類別の解説に入るのが
普通ですが、税額控除の話が出てきましたので、
まず、税額控除の代表選手で、さらに、
私たちのとって、大きな影響がある、

住宅ローン控除

について、次回みてみようと思います。

<続く>

--------------------------------------------
過去のコラム一覧は、こちら!
--------------------------------------------
下記、お世話になっている先生のセミナーです。



----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
コラム【税金・税制マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。