【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】 ハローワークで120万円損しない方法(8) | main | 【アンケート】 FP(ファイナンシャルプランナー)に聞いたいことは? >>

【コラム】 ハローワークで120万円損しない方法(9)

前回は こちら ご覧ください!

雇用危機到来!ハローワークで120万円損をしない方法
(9)損しない!正当な自己都合!?−4

引き続きまして
次の【正当な自己都合】に該当するケースとしては、

田舎の両親の具合が最近よくなくて、介護が必要な
状態になり、田舎に帰り、今の仕事は続けることができず、
やむなく、退職をした、というようなケースです。

このケースも、3か月の給付制限なく
給付をもらうことができます。

親族の病気・けが・死亡などでどうしても親元に
戻らなければならなくなって退職した場合は
給付制限期間はありません。

ですので、このケースは正当な理由になります。

これもハローワークで証明する必要がありますので、診断書などを
求職申し込み前までに用意をしておく必要があります。


さて、次ですが、

妊娠、おめでたです。ですが、このまま仕事を続けるのは
大変なので退職しました、というケース、これも、
給付制限は外れます。

妊娠・出産・育児が理由で退職した場合、ハローワークで
妊娠等による給付期間の延長の認定を受けていれば、
給付制限はありません。

しかし、このケースでは基本手当が出ない期間が
存在しますので、それは覚えておいたほうがいいでしょう。

それは、出産前6週間と出産後8週間です。
この期間は、母体保護含め働ける状態にない、
ということになるので、失業していることにならない、
とみなされることになります。

また、妊娠などを証明するものとして母子手帳などを
求職の申し込み前に揃えておくようにしましょう。

次回に続きます。

次回など、過去のコラム一覧は、こちら!

【人気ブログランキングはこちらです!】
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
コラム【社会保障マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。