【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【書評】覚悟とは・・・・「人間の覚悟」五木寛之・書評 | main | 【コラム】星座別ファイナンシャルプランニング!?(しし座編) >>

【コラム】いくらもらえるのか!?年金定期便(1)

シェアブログ196に投稿


先日は、定額給付金がきましたが、
似たような封筒が届いて、

「まだ何か貰えるのか!?」

と思いましたが、そんなわけありません。

今日届いたのは、「年金定期便」です。
teikibin

以前も、少しこの年金定期便について記事を書きましたが
実物が手に入ったので、もう少し書いてみます。

まず、とりあえず、年金定期便とは何か?
おさらいしましょう。


被保険者、ざっくりいうと、年金をもらう前の大人の方のことですが、
この方一人ひとりに対して、

・これまでいくら払ったか
・年金額の見込みなど

年金に関する個人情報を被保険者に分かりやすく通知し、
確認してもらうため、平成21年4月から始まりました。

送付対象の方は、国民年金、厚生年金の被保険者で、
もう年金をもらえる状態の方や、海外にいらっしゃる方には
届きません。

一年に一回、誕生日の月に届くことになっています。

今年度の送られてくる内容は、全員、詳細バージョンに
なるようです。

詳細バージョンというのは、
・年金の加入期間(いつからいつまで加入していたか、保険料納付は
         どの何か月か)

2.50歳未満の方は、現時点までで年金がいくらもらえる
  ことになっているのか年金見込み額
  50歳以上の方は、このままの状態でずっと加入したら
  将来の年金はいくらになるかの年金見込み額

3.保険料の納付額、
  つまり被保険者がこれまでいくら払ったかの累計額

4.年金加入履歴、
  加入制度、事業所名称、被保険者資格取得・喪失年月日等

5.厚生年金のすべての期間の月毎の標準報酬月額・賞与額、
  保険料納付額

  厚生年金は、給料が高かった人は、たくさん保険料を払い、
  その分たくさんもらえる、という形になっています。

  ここでは、その給料が、年金用に計算された標準報酬月額
  とよばれる将来の年金の計算基礎(この額に一定率をかけて
  年金をだすことになるので、重要なもの)としていくら
  として記録されているか、という内容です。

6.国民年金のすべての期間の月毎の保険料納付状況
  (納付、未納、免除等の別)

平成22年度からは、標準報酬など5.と6.は、
直近一年分だけ送られることになっています。

ただし、35歳と45歳と58歳には、21年度と
同様のフルセットが送られてきます。

さて、前置きはこれぐらいにして、
次回、ポイントを再確認しておきましょう。

<次回に続く>

過去のコラム一覧は、こちら

【人気ブログランキングはこちらです!】
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
コラム【社会保障マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。