【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【コラム】ライフプラン設計に活かそう!10年間の力(8) | main | 【コラム】年金の「こっこふたん」って何? >>

【コラム】世界一の少子高齢化国家・日本(1)

各種【コラム】のバックナンバーはこちら!

【世界一の少子高齢化国家・日本(1)】

政府は、17日午前の閣議で、
「少子化社会白書」を決定した、とのこと。

20年10月の人口推計では、
65歳以上の比率が22・1%に対し、
0−14歳が13・5%となっており、
「日本は世界で最も少子高齢化が進行している」と
警鐘も鳴らしている。

また、平成16年12月策定の
5カ年「子ども・子育て応援プラン」の
達成度を振り返り、今年中に行う
「少子化社会対策大綱」の見直しに反映させるようだ。

白書では、

■生産年齢人口(15−64歳)が、
 平成20年の8164万人から
 平成67年には4595万人に減少し、
 高齢化率は40・5%に達するとしている。

■17年度から実施している応援プランの達成度では、
 女性の育児休業取得率(89・7%)や
 夜間対応する児童相談所増加を
 「目標を達成している施策」として評価。
 「延長保育の推進」も「着実に進歩している」とした。
 更なる取り組みが必要な施策として、
 男性の育児休業取得率(1・56%)などが
 挙がっている。

19年の合計特殊出生率は、
 前年比0・02ポイント増の1・34。

 過去最低(1・26)を記録した平成17年から
 微増傾向にあるが、
 「欧米諸国と比べ極めて低い水準にある」と警鐘を鳴らす。

■少子化の理由としては、晩婚化と晩産化を挙げている。
 ただ、調査対象の未婚者は「いずれ結婚したい」と、
 90%程度が考えているようで、
 ほしい子供の数は2人以上だったことも挙げ、
 希望が実現すれば、合計特殊出生率は52年までに
 1・75に回復する、と見通している。

白書の内容は、ざっとこのようなものだった。

少子高齢化で世界のトップをひた走る日本。

もちろん、子供を育てやすい環境作りは、ぜひ、
進めるべきで大賛成だが、こと少子高齢化の
持つ課題の解決の観点からいえば、核心に触れている
対策とは、残念ながら言えない。

少子化の対策等でほんのわずかでも人口構成を
変えることを試みたとしても、
ここ30−50年の構造を大きく変えることは
できない。
仮に、出生率が1.75に回復したとしても、だ。

高齢化率40%超の世界は、
どんな世の中なのか?
その世界では、何が必要とされているのか?


<続く>

【人気ブログランキングはこちらです!】
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー


コラム【人口問題・少子高齢化に挑む!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1145170
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。