【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【書評】『落語家はなぜ噺を忘れないのか(1) | main | 【書評】『落語家はなぜ噺を忘れないのか(2) >>

【欧州・チェコのお話】「チェコ」は何言?

 ちょっと唐突ですが、

 たまに、私が2001年から2005年まで仕事で住んでいた
 チェコ共和国の話、またそれに関連してヨーロッパの話を
 少しづつ書かせていただこうと思います。

 月日が流れていくなかで、記憶が薄れていのを感じているため、
 
 「このまま記憶から消えて行ってしまうのではもったいない、
  自分のとっては普通の情報でも、誰かのためには役に立つ
  かもしれない」

 と思いました。

 そういうわけで、今日はタイトルにもあるとおり、
 言葉のお話です。

------◇------◇------◇------◇------◇------◇------◇------◇

 「チェコは、何語?」
 とよく聞かれます。たぶん、チェコについての話題に
 なったときに、90%以上は聞かれます。
 
 お答えしましょう、
 チェコは、「チェコ語」です。

 人口は1000万人程度ですから、少数民族言語です。

 ただし、お隣のスロバキアとは99%ぐらい
 同じ言葉ですし、スロベニア等の方へ伸びていくあたり
 やロシアあたりをカバーしている「スラブ語」系の
 一種ですので、挨拶は共通だったり、言葉・文法は
 他のスラブ語系言語と似ていたりします。

 代表的な言葉だけ、少しご紹介します。
 カタカナで書くため、発音表現に限界があることは
 ご了承ください。

 はい    ⇒ アノ
 いいえ   ⇒ ネ
 こんにちわ ⇒ ドブリー・デン
 ありがとう ⇒ デクイ・バーム
 日本語   ⇒ ヤポンスキー
 チェコ語  ⇒ チェスキー
 1、2、3 ⇒ イエデン、ドゥバ、トゥジ
  :

 きりがないのでやめますが、
 現地で生活をしていたときは、それなりに覚えました。
 しかし、残念ながらとても仕事で使えるレベルまでには
 至りませんでした。

 それでも、スーパーでの買い物はともかく、
 プラハ(首都です。この都市名だけは知っているという
 方も多いのでは)でも鉄道駅で切符を買うのに英語が
 うまく通じず苦労したりした時には役に立ちました。
 (帰国後3年以上経過しているので、変わってきている
  とは思いますが)

 1000万人の国、しかもEU加盟ということも
 あって、チェコ語は、もしかしたら早いうちに絶滅する言語では
 ないか、ともいわれています。

 日本は、50年先はさすがに人口は1億人未満に
 なっているだろうと予測されていますが、
 数千万人はいそうですので、絶滅までは
 まだしばらくは大丈夫そうですね。

 今回は、チェコ語についてでした。


【人気ブログランキングはこちらです!】
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
コラム【ヨーロッパ・チェコのお話】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fpoffice.hiro-tom.com/trackback/1086890
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。