【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「おくりびと」が外国語映画賞 米アカデミー賞 | main | 【書籍紹介】詐欺・悪徳商法から身を守る方法 (かしこく生きるためのシリーズ) >>

【NEWS】いろいろ。みずほ資金調達、年金財政検証、株最安値、太陽光発電。

1.みずほFGが8億5千万ドルの優先出資証券発行へ

  みずほフィナンシャルグループは23日、海外の機関投資家
  向けに総額8億5000万ドル(約800億円)の優先出資証券を
  月内に発行すると発表した、とのこと。

  日本の銀行も破綻寸前!?

2.年金給付2割目減り 30年後厚生労働省試算

  08年度末の積立金が、この株安等で10兆円(!)前回
  見通しより減少。

    出生率     1.26(2055年)
    名目運用利回り 4.1%(2016年以降)
    物価上昇率   1.0%(  同上   )
    実質経済成長率 0.8%(2015−2039年度平均)

  これらの条件で、給付水準(所得代替率、平均手取り年収
  に対して年金給付が何%になるか)が、やっと50.1%
  だそうだ。運用利回り4.1%でみて、やっとだ。

  もちろん、国庫負担は即刻1/2になっていることも
  前提だ。

  給付抑制の期間も、17年間から27年間と10年延びる
  試算になっている。

  日本の年金制度は、保険料と称しているものが、その時の
  受給者にまわる「世代間仕送り」方式。
  少子高齢化の影響をまともに受ける。

  所得代替率50%を出して、制度見直しを避けたかった
  のだろうが、厳しい年金財政が続きます。

  100年安心・・・・できなそうです。

3.日経平均 一時バブル後最安値

  NYも12年ぶり安値。

4.太陽光発電普及へ制度変更

  家庭からの購入価格2倍へ、来年にも導入。

  「エコ」関連商売は世界のどこかの黒幕が
  「石油のあとは、これでいこう」
  と決めたのだろうと思い、「エコ」便乗は
  やりすぎとも思いますが、しばらく止まらないでしょう。

  ファッション系の「豪華エコバック」よりは、
  太陽光発電普及への制度変更のほうが、
  とってもましな気がします。


まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
【NEWSより】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。