【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【コラム】逃すな確定申告!上場株式等の損失繰越控除(連載1/3) | main | NHK「プロフェッショナル」でのマグロの仲買人 >>

【コラム】逃すな確定申告!上場株式等の損失繰越控除(連載2/3)

株式会社プロFPJapan所属・プロFP富田です。

さて、株式等損失繰越控除制度のお話の続きさせていただきます。
(前回第一回のお話はこちら!)

 いよいよ、株式等譲渡損失の繰越控除について具体的にみていきましょう。

 上場株式等の投資をする場合には、証券会社で、特定口座を作るかどうか、また、特定口座での源泉徴収のあり・なしについて選択をしてから投資をすることになります。

 源泉徴収ありの特定口座以外の場合は、いずれにしても確定申告をすることが前提になっていますので、今回は、源泉徴収ありの場合で考えていくことにします。

 ここで、例えば、昨年、3回の売却を行った場合で考えていきましょう。

       2008年
  繰 越   0万円
  1回目  20万円益
  2回目 △15万円損
  3回目 △30万円損
  年 間 △25万円損
  繰 越 △25万円


 この場合、特定口座内で益と損の相殺が行われますので、昨年は通算して△25万円の損があったという状態になります。通算して損失であればまず源泉徴収は行われないですね。
そして、相殺しきれなかった損失△25万円が、今回ターゲットとなる損失になります。

 通常、証券会社の案内では、源泉徴収口座の場合は確定申告不要です、という説明がされています。この口座の場合、利益が出ればその都度所得税が計算され納められ、損失があれば都度、可能額まで還付処理がされるため、不要になる、というわけです。

 ただし、通算して損失だった場合は、当然自動的に還付の対象にはならず、一年が終わるとリセットされますので、この残った損失を繰り越そう、つまり、来年以降利益が出たときに相殺したい場合は、確定申告の手続きが必要になります。残念ながら、ここまでは自動的には対応してくれません。

 税金の還付に限りませんが、制度的な恩典を受けようという場合は、なんらかの申請・申告が必要な場合がほとんどです。この損失繰越など典型的な例だと思います。

 さて、手続きですが、2008年度12月が終わると、一年間の集計をされた特定口座年間取引報告書が証券会社から送られてきます。これを添付して、所定の税務申告書に必要事項を記入して確定申告することによって、来年以降の損失繰越控除ができるようになるのです。

 また、損失をどれぐらいまで繰り越すことができるかというと、3年間です。

      2008年
  繰 越   0万円
  1回目  20万円益
  2回目 △15万円損
  3回目 △30万円損
  年 間 △25万円損
  繰 越 △25万円(2011年まで)

 つまり例の場合でいえば、2009年・2010年・2011年の三年間繰り越すことができる、というわけです。仮に、2007年も損失繰越の手続きをしていたとすれば、それが先に消化されることにはなりますが、2007年に損失がなかったとした場合、2011年までに譲渡益が発生したら、25万円までは、その譲渡益には所得税はかからない、というわけです。

 この恩典を受けるには、仮に来年譲渡損が発生しなかったとしても、確定申告を続ける必要がある、というのは注意点です。仮に、2009年に売却をまったく行わなかった場合でも、所定の様式に、2008年分の繰越△25万円、2009年末時点で変動なく△25万円の残、期限の残り2年間、という内容を記入して確定申告をすることになります。

       2008年     2009年
  繰 越   0万円     △25万円
  1回目  20万円益     
  2回目 △15万円損     
  3回目 △30万円損     
  年 間 △25万円損      0万円
  繰 越 △25万円    △25万円

 また、2009年に売却をして利益が出た場合も、確定申告をしないとせっかく繰越した損失を活用することはできないです。仮に2009年に10万円の譲渡益が出たとすると、

       2008年     2009年
  繰 越   0万円     △25万円
  1回目  20万円益     10万円
  2回目 △15万円損     
  3回目 △30万円損     
  年 間 △25万円損     10万円
  繰 越 △25万円    △15万円

 この内容を確定申告することで、はじめて10万円分の所得税の還付を受けることができます。

 繰り返しになりますが、この恩典を受けたい場合は2011年まで確定申告をする継続して行う必要があることをぜひ再確認していただければと思います。

 それでは、次回は、この制度を使って確定申告をする場合の注意点をご説明して最終回とさせていただきます。

(コラム【目次】はこちら!)

株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー

コラム【税金・税制マスター!】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。