【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【書評】繁栄シナリオを信じて......「人口減少で日本は繁栄する」

「人口減少」で日本は繁栄する
日下 公人著祥伝社 (2005.8)通常2-3日以内に発送します。


悲観的な言葉、考え方は、その通りの結果を生む確率を高める。

おそらく、人間の頭の中に生まれるイメージは、話している言葉と
考え方の影響を受け、そのイメージは人間の行動に影響を与える
からではないかと思う。

「人生、思うようにしかならない(=考えてないことは実現しない)」
ともよくいわれる。

本書は「人口減少で繁栄」と銘打っているので、人口減少にかかわる
分析から経済的繁栄の糸口を見つけ、盛んに言われている
「人口減少→国力減少」の悲観論調に勝負を挑むものかと思ったが、
さらにその上をいく内容だった。

過去、日本ではすでに4回人口減少を経験しており、その都度、
次の発展につながる文化の発展等が見られたという事例を
まず紹介し、さらに、経済的繁栄に留まらず、「国際社会」
「グローバル・スタンダード」という名のもとのアメリカ
(ユダヤ)システムに惑わされず、日本として、日本人として、
どのようなスタンス・考え方で、これから進んでいくべきかの提言や、

日本人の強みを活かした「消費」と「文化」における世界の
リーダーになることで活路を見出そうという提言、が力強く
されている。

途中、人口減少の話はどこへ?という感じもあったが、
それを忘れさせる力強さがあった。

人口減少により将来予想される悪影響のうち、いくつかは本当に
避けられないものもあるだろう。

それでも、「人口減少→恐れ・不安」と考えがちになる将来の
現象について、明るい、力強い希望を持ち、さらにそれに
向かって実際に進んでいく勇気を与えてくれる本書は
貴重だと感じた。

「人口減少でも繁栄できる」と思うこと、そして、どうしたら
いいか考えて、行動すること、これが今 私達に求められて
いることだろう。

繁栄のイメージは、行動に影響を与え、「思うようになる」
という結果を、将来、実際に見ることになる、と信じる。

株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
書評の鉄人
書評【人口減少】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。