【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【書評】 「いまさら入門 バフェット」三原淳雄・著・・・いまさらですが。

JUGEMテーマ:ビジネス


前回のリーマンショック後、

「私はアメリカの株を買う」

と言って、市場心理を支えたウォーレンバフェット。

彼について書かれた本だということは
タイトルからもわかる通りです。


バフェットの語る株式投資は、
彼が彼の作ったルールに従って、辛抱強く、
長く信じて続けることが最大のポイントです。

信念を持って続ける・・・・・・
株式投資だけに大切な話ではなく、
いろいろなことに通じることだと思います。


入門と銘打っているので、わかりやすく書いてあり、
分量も少なく、さっと読めると思います。

バフェットについて、初めて読む、という方には
お勧めかもしれません。


----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 「お金の話をやさしく伝える本」・本田健著

JUGEMテーマ:ビジネス




お金の話とありますが、
半分以上は、

「どのような考え方をしたら
 幸せに近づきますか」

といような内容になっています。


この本に書かれている内容については
著書自身の親が税理士だったことも影響している、
と自ら言っています。

さらには、お金持ちと会う機会がかなりあった著書自身の
体験なども影響していることでしょう。


お金は、

「感情」

と結びついています。

お金を守ることで汲々としてしまったら、
当然お金に対する感情はあまりよいものにはならないでしょうし、
お金を稼ぐことばかりに気を取られてしまえば、
お金と仲良くする関係にはならないでしょう。

そして、お金は、うまく活かして
使ってくれるところに集まるものです。

役立つために使う、のがお金のためにも良いことです。

それが、自分のためであれ、人のためであれ、
お金の活かし方をつきつめることで、
結果的に、幸せな人生も引き寄せることに
なるのかもしれません。



人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 お金持ちになれる!?・・・『幸せとお金を引き寄せる「確実な法則」』書評

JUGEMテーマ:ビジネス

一冊、お金に関する本の献本を受け、
書評を頼まれました。




「どうしたらお金持ちになれるか?」

誰もが知りたいことだと思います。
そして、確実にお金持ちになる方法があるとしたら、
是非やりたい、と思うのは人情でしょう。

でも、

「いや、お金持ちになろうというのは、
 よくないことだ。」

という意見を持っている方がたくさんいるのも
事実です。

その見方が正しいかどうかは別にして、他人を押しのけ、
他人の犠牲の上に成功を勝ち取り、富を蓄積した、
というイメージがあるからかもしれません。

まず、この本では、そのイメージを払拭することに
かなりの力を割いています。

「お金持ちになることは、いいことなんだ。
 なぜなら・・・・」

と盛んにメッセージを送っています。

そして、さらに、

「こうありたい!と常にイメージすること、迷わずイメージすることが、
 お金持ちになる方法である。具体的には・・・」

と続いています。

・・・この本を読んで、盲目的に

「その通り実践してみよう」

と信じ、実践を続けることができる人は、
本当にお金持ちになるような気がします。

自分自身、成功のイメージと目的がしっかりしていた目標は
クリアできたことが多かったことを振り返ってみても、
説得力はありますし、一理あると思います。

本文では詳しく触れていませんが、大脳生理学的にも
実現への強い意志を持つことは、目標達成の確率を高め、さらに、
それを好きでやっているという要素が加われば、成功の確率が
もっと上がるということはあるようです。

しかし・・・

まったく迷わずに信じて続ける、ということが
容易にできないのが人間であり、凡人ということでしょう。
自分自身、迷って迷って日々を送っています。
なかなかこの本が言うようにはできない・・・

・・・と文字にしてしまった時点で、私がお金持ちになる
確率は、かなり低くなってしまった!

というわけで、お金持ちになりたくて、
信じたい指針を求めていて、さらに、とても素直な方(?)、
ぜひこの本を読んでみてください。

仮にお金持ちになれなくても、
いいことが起こるような気がします。



人気ブログランキングへ

----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!

書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 「退職・転職で失敗しない方法」清久喜正・著

退職・転職で失敗しない方法 (かしこく生きるためのシリーズ)
退職・転職で失敗しない方法 (かしこく生きるためのシリーズ)
清久 喜正

この本も、同じく、共同事務所の先輩が書かれたものです。

清久さんとは残念だがらまだお会いできていませんが・・・
いろいろなご苦労をされてきた経験が活かされた本書は、
面白いと思います!

転職で、失敗したくない方・・・
転職はまだ考えていらっしゃらない方・・・

どちらにも、お勧めします。

(自分はすでにやめてしまったが、
 やめる前に読んでおけばよかった・・・)


人気ブログランキングへ

過去のコラム一覧は、こちら!
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!






書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 「相続・贈与で損をしないための方法」韓 仙愚・著

souzoku
相続・贈与で損をしないための方法 (かしこく生きるためのシリーズ)
韓 仙愚,プロFP Japan

先日ご紹介した「かしこく生きるためのシリーズ」から、
これも同じく共同事務所の先輩、韓 仙愚さんの著作です。

相続・贈与で損をしないための方法・・・
ということで、これも楽しみに読んでみたいと
思います。


「相続・贈与って、難しそう・・・」
「あんまり関係ないや・・・」

と、思ってらっしゃる方こそ、
読んでみたほうがいい本かもしれません。

新しい発見があると思います。

人気ブログランキングへ

過去のコラム一覧は、こちら!
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!




書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 「お金にもっと働いてもらう方法」 青木久美・著

お金にもっと働いてもらう方法
お金にもっと働いてもらう方法 (かしこく生きるためのシリーズ)
青木 久美,プロFP Japan

タイトルは「書評」となっていますが、
実はまだ読んでいません。

読む前に、ご紹介を!ということで
記事にしました。


著者・青木久美さんは、
私も所属している共同事務所の大先輩で、
着実に「講師のプロ」へ向かって
歩まれているすごい方です。


以前も、この「かしこく生きるシリーズ」は、
ご紹介したことがありましたが、
本書は、読む前から、面白いと期待できます。

是非、ご一読を!

人気ブログランキングへ

過去のコラム一覧は、こちら!
----------------------------------------------
株式会社プロFPJapanのご紹介です!ラッキー
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!



書評【お金の達人】 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】 お金持ちって、どんな考え方してる? ---- 大富豪のお金持ち教育・佐藤富雄著



大富豪のお金持ち教育―子どもの成功脳はこうしてつくれ!
大富豪のお金持ち教育―子どもの成功脳はこうしてつくれ!
佐藤 富雄

FPが、お金に嫌われるような貧し〜い考え方では
いけないと思い、本書を手に取りました。

読み終えて、やはり、心の持ち方によって、お金持ちに
なったり、なれなかったりする、というお話だったです。

金持ち父さん・貧乏父さんでもそうでしたが、
「お金なんかいらない」
「お金なんかなくても幸せにくれせる」

と言っているうちは、お金はその人のところには
集まってきてくれません。

一方、
「お金がたくさんあることは、幸せな人生だ」
「人に役に立っている結果としてお金が自分のところにくる」

というような考えを持ち、言葉にすることで、誰でも
お金持ちになれる、と著者はいいます。

なかなかそうはいかないかもしれませんが、
こういう話を信じるかどうか、も、お金持ちへの
分かれ道、信じてみましょう。

最後のほうに出てくる、一日の終わりに5つ
感謝することを書いていく日記「、感謝日記」をつけることが
お金持ちへの道として、提案されています。

こころから感謝をすることで、自然と好かれるようになり、
最終的にお金持ちになれるのだとか。

ご興味ある方、トライしてみてください!


過去のコラム一覧は、こちら

【人気ブログランキングはこちらです!】
まぐまぐメルマガ【お金のプロで起業するぞ!】発行中!!
株式会社プロFPJapan所属・FP富田ラッキー
書評の鉄人

書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】お金持ちのふり、しよう!---「雨の日の傘の借り方」


お金持ちの”ふり”しよう。

ヨーロッパ500年の資産哲学——確かに、ヨーロッパはモザイクのように国がひしめき、戦争や体制変更の連続の歴史でした。

また、富の集中の伝統もあり、古くから「富裕層」が存在しました。こうした中で、「いかに資産を増やすか」より「いかに資産を守るか」ということが必死に研究されてきたことは容易に理解できます。

著者は本書の中で、「なぜ資産を守る必要があるか」から丁寧に説いてくれます。「資産を守ること=命を守ること」という発想を教えてくれるのです。そのためのポイントは「国の運命と自分の運命を切り離すことだ」と言います。

島国・単一民族国家の日本人にとっては、これまであまり考えてこなかった
ことかもしれませんが、振り返れば、日本も、戦争や恐慌によって、何度も
痛い目にあってきた人々がいるのは事実です。

本書では、どのように切り離すことができるかについても概略紹介をしていますし、「PTMC」といった概念や「オフショア」「トラスト」「プライベートバンク」についての著者の知識の紹介もされていて、実務書としても使える部分が多いです。

また、ところどころで挟み込まれるコラムの内容のひとつひとつも、興味深く楽しめると思います。

それでも本書の最大のメッセージは、最初に出てくる「お金持ちになるには
お金もちのふりをすればよい」という一言に凝縮されていると感じます。

やはり、人間の最大の資産は「考えること・考え方」であり、考え方一つで人生も資産も変化するということを改めて考えてみるよい機会となりました。

短期間で資産を増やそう!といった、ぎらぎらした最近はやりの投資本に飽きた方に、非常に紳士的・知的な本書の内容は、一服の清涼剤の効果もあるかもしれません。お金持ちのまねを始めたい方、お勧めです。


株式会社プロFPJapan所属FP・富田
書評の鉄人


書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】難解だった.... 「ソロスは警告する」

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
ジョージ・ソロス,松藤 民輔 (解説),徳川 家広

ひととおり読んだが、非常に難しかったというのが印象だった。

正直にいうと、うまく書評が書けないたらーっ

しかしながら、ジョージソロスといえども、さまざまなことに
迷い、人間の行動について確信を持って予測することなどできない
と思いながら投資行動を決めていることが伺え、ある意味ほっとした。

迷っているあなた、読んでみるといいと思います。

株式会社プロFPJapan所属FP・富田
書評の鉄人
書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【書評】投資に三振なし。 「バフェット投資の王道」

バフェット投資の王道
バフェット投資の王道
ロバート・P・マイルズ,三原 淳雄,小野 一郎

投資に三振なし。

正直、この本を読み終えるのに一ヶ月以上を要した。

引き込まれて一気に読む、という類、また読書に口当たりよく読み易く書かれている類の本ではなかった。繰り返し、繰り返し、何度も同じことが、形を変えて語られている。まるで、バフェットの投資哲学そのもののように。

途中、「もうわかったかな」と思ってしまいそうになり、何度も読み終えるのをやめてしまいそうになった。何度も繰り返し出てくるバフェットの「投資の王道」は、
単純で理解するのは難しくない。以下抜粋すれば、
・ 価格ではなく、価値に投資する。ウオールストリートではなく、メインストリートに投資する。マーケットではなく、事業と経営者に投資する。
・ 価値より安い価格で手に入れる。
・ 分散しないで集中投資する。したがって一生で何度も投資する必要はない。
・ 投資に三振はない。良い球がくるまで、守備が油断するまで
、いつまで待っても罰則はない。
・ 手に入れて所有し続ける。売ることは前提にしない。良い
ものはいつまでも持ち続けたい。
多分、これでほとんどの王道の原則が入っているはずである。これなら、理解することはできる。

もちろん、良い案件を見つけるための努力は相当必要だ。本を読み、公表されているものを読み、自分なりに事業の価値を判断できるようになることは、難しいことではある。しかし、努力によって達成できそうな気がする。誰にでもチャンスがあるはずだ。

要するに「努力」なしでは、「王道」は歩めないが、努力によって王道を歩ける可能性が十分にある、ということだ。

本書を読めば、どんな人も、「やってみよう」という気にさせてもらえる、オススメの本です。

株式会社プロFPJapan所属FP・富田
書評の鉄人


書評【お金の達人】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。