【 夢実現研究所 】 by Financial Planner

お金プロであるFPがお贈りする夢・実現のためのヒント!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(116)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>自分としては
>「これは文章の流れから必要だ」
>と判断した場合は記載してもよいと
>考えがちですが、必要だからといっても
>氏名や社名、具体的な商品名はできるだけ
>避けた方が無難です。

ただし、具体的な商品名やサービス名であっても
書いた方がよいケースもあります。

例えば、スマホの通信サービスの内容を
比較する記事を第三者目線で書いてください
という場合は、個々の通信事業者名と
サービスを名を記載しないと
読者に理解してもらうことができません。

また、地名などの固有名詞は使っても
問題ないでしょう。

いずれにしろ、ケースバイケースで判断することに
なります。

最後は、固有名詞はNGというケースです。

この場合は、ある意味簡単です。

固有名詞に該当するものは記載しないように
しましょう。

しかし、固有名詞を書かないと文章が書けない
と感じるケースもあるかもしれません。
 
< 音声入力活用でWebライターに!(116) 20180425 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(115)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>1つは、
>クライアントの社名や商品名を必ず入れる、
>もしくは、入れてよいが、それ以外はダメ、
>というケースです。

積極的に商品を訴求したいというケースは
商品名などを入れるように指定されるケースが
あります。

また、入れてもよいという場合は、
自社のホームページに載せるためという
ことでしょう。

こういったケースは、競合他社の商品名などを
入れないように気をつけることが大切です。
もう1つは、文章に最低限必要なものはOk
といケースです。

このケースは、どの程度まで固有名詞を
記載することが許されるかについて
自分で判断することになります。

自分としては
「これは文章の流れから必要だ」
と判断した場合は記載してもよいと
考えがちですが、必要だからといっても
氏名や社名、具体的な商品名はできるだけ
避けた方が無難です。

< 音声入力活用でWebライターに!(115) 20180421 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(114)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 


>この目線の意味を理解しておかないと
>作成した記事の承認は得られません。

下手をすると、大幅な書き直しを余儀なくされる
ことになりますので注意が必要です。
 
続いて、4つ目のポイントの固有名詞です。
 
固有名詞の使用についても指定があることが多いです。
 
固有名詞にはさまざまなタイプがあります。

氏名や会社名も当然固有名詞ですし、
具体的な商品名も同じです。

また、市町村名なども固有名詞に該当します。
 
固有名詞については、著作権や商標権、
プライバシーなどさまざまな問題が
つきまといます。
 
ライティングした記事を掲載したことによって
訴訟に発展してしまうケースもあるため、
指定されているのです。
 
固有名詞に関する指定には、主に3種類があります。
 
1つは、
クライアントの社名や商品名を必ず入れる、
もしくは、入れてよいが、それ以外はダメ、
というケースです。
 
< 音声入力活用でWebライターに!(114) 20180418 >
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(113)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>ライティングにあたっては、記事の骨格を
>作ることが先決です。骨格を決めるにあたって
>想定読者と方向性を考慮しておけば、
>クライアントが望む記事が出来上がるはずです。

特に、段落ごとに「こういった内容を記載してください」
と指定されている場合は注意が必要です。

方向性や読者を意識していないと、
個別の段落指定事項を守ったとしても
まったく違う記事ができあがってしまうからです。

ライティングにあたっては、いきなり書き出すのでは
なく、慎重に想定読者と方向性を確認したうえで
記事の骨格を最初に作ってしまうことを
心がけましょう。

続いて、3つ目のポイントです。

指定事項では、「目線」と呼ばれるものが
指定されることがほとんどです。

「第三者目線」が指定されることが多いですが、
「一部主観が入っても良い」といったケースや
「サイトの運営者目線」といった指定事項の
ケースもあります。

この目線の意味を理解しておかないと
作成した記事の承認は得られません。

< 音声入力活用でWebライターに!(113) 20180414 >
 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【コラム】音声入力活用でWebライターに! らくらく書いて収入を得る方法(112)

JUGEMテーマ:ビジネス

人気ブログランキングへ

 

>そうなると、不動産取得を目指している人向けに
>記事になってしまう可能性があります。

ライティングの途中に、常に想定読者を意識する
ことが大切です。

また、記事の方向性についても注意が必要です。
方向性を確認しておかないと、想定読者が正しく
把握できていたとしてもおかしな記事が出来上がって
しまう可能性があります。

例えば、不動産売却がテーマで、不動産売却を検討
している人が想定読者であったとしたときに、
記事の方向性が「節税を意識して売却することが大切」
と指定されていたとします。

方向性を確認しないでライティングをすると、
売却における時期の選び方や売買契約の注意点などに
重きが置かれた記事ができあがってしまう可能性
があります。

そうなると、「契約時には〇〇に気をつける
ようにしましょう」という結論になり、
記事の方向性が違ってきてしまいます。

ライティングにあたっては、記事の骨格を
作ることが先決です。骨格を決めるにあたって
想定読者と方向性を考慮しておけば、
クライアントが望む記事が出来上がるはずです。
 
< 音声入力活用でWebライターに!(112) 20180411 >
 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン おきてがみ クリックで救える命がある。